logo

Topページ
通販ページ
コーヒーの酸味
エドモンズ
珈琲道
Edomons Radio
Edomons TV
Edomons TV

【アクセス】

羽田空港や成田空港からわずか40分。
JR浜金谷駅や東京湾フェリー港から徒歩3分
木更津アウトレットから車で20分

〒299-1861
千葉県富津市金谷2185-2合掌館内
珈琲道 えどもんず
電話070-6478-7778

facebook:アオヤマ エドモンズ

ウェブ:www.edomons.net

メール:cafe@edomons.net


■営業日
 金、土、日、月、祭日
  
■営業時間
 11時〜6時まで。
 ただし祭日の前日は夜もオープンする事もあります。
 電球色で薄暗い店内が素敵ですよ。

■駐車場
 15台無料駐車場完備。


お気軽に電話確認をしてください。

■通信販売ページ



◇◆ 店主より ◇◆

【店舗最新情報】

■クラウドファンディングへのご支援ありがとうございました。

 詳細は → こちら



■ご挨拶

世界の富裕層から愛されるプレミアムコーヒーの中にブルーマウンテンコーヒーがあります。
味香バランスが極上の素材でこの豆だけは木樽に守られて輸出されます。
当店は木樽から取り出し店内にて丁寧に焼き上げています。

本物で新鮮なブルーマウンテンコーヒーの正式な味をお楽しみください。

樽


焼きたての新鮮豆だからできるのですが当店で焼きたて豆をそのままポリポリ食べてみてください。
すっきりしたコーヒー豆の味に驚きます。

ストレートで飲む当店の新鮮でフルーティなコーヒーを召し上がりください。

常時200種類以上の生豆を完備し、毎日店内で焙煎をしております。

豆

保管

新鮮な極上豆は一杯ごとにハンドプレス機をお勧めします。それは重要なオイルが抽出できます

浅煎で粗粉を低温湯の中でしっかり泳がせてハンドプレス抽出することにより

苦味の少ないスッキリとした酸味と甘味と香りのあるフルーティな極上コーヒーができるのです。
舌で転がしワインのようにストレートで味わってください。

いままでのコーヒーに対する認識が変わるかもしれません。ハンドドリップは金属メッシュフィルター、麻生地フィルターでの抽出をお薦めいたします。それはオイル分がしっかりと抽出できるからです


         ◇エドモンズ・コーヒー農園
農園

農園2


■生豆保管

カフェえどもんずの珈琲新生豆達は、「豆保管室」の心地よい空調の中で クラシック音楽 を聴きながら静かに出番を待っています。

珈琲の味は

生豆の鮮度 50%
焙煎度合  30%
抽出方法  10%
湯水質温度 10%

上位2つでほぼ決まります。珈琲は生鮮食料品である。焙煎後の珈琲賞味期限は2週間だけ。

カフェえどもんずの珈琲新生豆は最善の品質管理体制です。大手珈琲商社の空調倉庫にメイン豆は保管されています。
そこから、店内販売用は小出しにカフェの空調保管室へ移管。
静かに豆達は音楽を聴きながら出番を待っています。えどもんずの空調保管室ではクラシック音楽を流しています。

そして毎日、通販発送用と調整しながら店内焙煎を心がけております。
これが他社を引き離す上質な味となります。

保管

焙煎した焼き黒豆を長期並べている珈琲屋さんもありますが、えどもんず店内カウター付近の「生豆達」は見本展示サンプルとして並べています。 どうぞ一粒一粒の顔を見てあげてください。
各国の優勝豆の年代別に展示しています。

それに加え年代国別の珈琲器具なども展示しております。
珈琲博物館も目指し準備調整中です。

 
■取り扱い豆

ブルーマウンテンNo,1 ゲイシャブルマン 世界初 日本国内独占版売!
ブルーマウンテンNo,1 モカブルマン   世界初 日本国内独占販売!
ブルーマウンテンNo,1 クライスデール農協
ブルーマウンテンNo,1 ウォーレンフォード農協
ブルーマウンテンNo,1 ブルーバロン農協
ブルーマウンテンNo,1 リソース農協
ブルーマウンテンNo,1 ミドルトン農協
ブルーマウンテンNo,1 ピーターズ農協
ブルーマウンテンNo,1 ウェストファリア農協
ゲイシャ種 世界一農園 パナマ国エスメラルダ農園
優勝豆COE 各国カップオブエクセレンス 全種類
モカ最高品種 エチオピア各地区全種類
ブラジル安全オーガニックJASタイトル豆
日本初酵母熟成生豆育成中

■抽出方法

12時間氷出しコーヒー
麻ドリップコーヒー
レギュラードリップコーヒー
シーソーサイフォンコーヒー
フレンチプレスコーヒー
ハンドプレスコーヒー
低温エスプレッソハンドプレスコーヒー
ブルーマウンテン酒40度
ブルーマウンテンチョコレート

水出し機器
 
■注意事項

ブルーマウンテンは仕入価格も桁違いの高価格です。
ですから多種類の豆を扱う店では売価も高額になります。

そのため売れ残り豆が美味期限切れ商品となってしまうコーヒー店が多々あります。苦味が出てせっかくの酸味も甘味も消えてしまうのです。本来の味ではありません。ブルマンとは言えずとても残念です。

後片付けが楽だからと言って、高級豆の抽出にペーパーを使ってはいけません。美味しい成分が吸い取られてしまうのと紙の雑味がまざります。

カウンター

ブルーマウンテンNo.1の豆は粉にしたら美味消費期限は2日だけです。焼きたて豆も2週間が限度です。

日本民族の舌は味覚認識数が世界一ですからニガイ味のコーヒーは本来不向きなはずです。ニガミはコゲです。高級な豆はコガしてはせっかくのフルーティな味が台無しです。

もともとコーヒーは果実です。酸味も新鮮なフルーツの酸味なのです。古くなった酸味ではありません。ポリフェノールもワイン並みの浅煎りのコーヒーをお薦めいたします。

コーヒー嫌いになった人こそ当店の本物のフルーティコーヒーを味わって頂きたいと思います。



■「エドモンズのブルーマウンテン珈琲はなぜこんなに美味しいのですか?」

ブルーマウンテン地区より農園(農協)別に樽ごと仕入れています。
総合的に世界最高の風味バランスの珈琲豆ですが、農園の位置によって酸味や甘み薫りが微妙に違うからです。
それを農園別にストレートでお出ししています。完全に他店と違う100%なのです。

それを少量づつ半熱風焙煎機で浅く焼いて固めに焼きあげると豆の味を90%維持する事ができるのです。
珈琲豆は生鮮食品です。美味期限は粉にしたら2日間だけ。

当店は毎日店内で焙煎して注文毎に豆を挽いています。
一杯の珈琲で3つの味に変わる
本物の最上級のフルーティ味を堪能してください。

焼きたてより数日後の方が旨いと感じますが、これは好みです。

例えば、刺身も釣りたてはコリコリとして海辺の人はこれしか食べません。
パンも焼きたてが美味しいのはご存じだとおもいます。
このように珈琲豆も生鮮食品なのです。


他店のように豆を大量に自動大釜で焼いてしまうと「ふっくらとして焼き色」も揃い見栄えはよいのですが、本来の味は半分以上も焼失しているのです。

ですから浅焼きは良い味が出せないので深めの焼き加減にしてしまいます。
それをブルマン珈琲として提供しているので残念です。

値段だけ高くて本物の味ではありません。
無知の人が刷り込んだ印象で味を語っているだけです。

それに加え業者が裏で後押しして作られている雑誌や経験の浅い珈琲屋のネット情報だけの話は注意して鵜呑みにしてはいけません。


お問い合わせ利用規約個人情報保護方針特定商取引法に基づく表示

Copyright(c) 2013 edomons & Knock on inc. All rights reserved.